このまんまdeブログ!?

このまんまな日々を記します。

『お寺の音楽会』-出演者編-

2010.03.01 Monday 18:17
0
    安宅浩司|あたか=こうじ|
    http://www/kojiataka.com
     ギター奏者として出発し、さまざまなバンドを経たあとで05年頃から1人で歌いはじめ、07年『それでいいんじゃないかと』を発表。その柔らかく静かな歌とギターは、各地方へのライブ活動と共に、地味にかつ着実に広まりつつある。また、ギターの他、ペダルスティールやマンドリンなどの奏者として、ハンバートハンバート、今野英明、中村まり、山田稔明(ゴメスザヒットマン)、ううじん、湯川潮音などのシンガーのサポートをつとめる。08年には鈴木惣一郎率いる音楽集団ワールドスタンダードに参加〜現在に至る。10年1月、『ココニアル』(鈴木惣一郎プロデュース)を発表。


    ううじん|植う人|
    http://www.uujin.com
     05年からううじんとしての活動を始める。ハワイのギター職人ジェームス=グッダール氏のギターを愛用し、シンプルでそのままの音のチカラを大切にうたう。ううじんとは、植う(うう)=植える「ひと」のこと。種を植えつづけること、水をあげつづけることで新しいことが始まっていくという意味が込められている。シオノギ製薬やACジャパン(旧公共広告機構)などのテレビCM音楽を担当したりと、活動の場を広げている。


    zerokichi|ゼロキチ|
    http://www.yakuin-records.com
     ひとりで“ぽろり”、誰かの側で“ぽろり”と、ウクレレを相棒に様々な場所で人との出逢い、空間を大切に演奏活動を行う。そのほかデザイナーとしての活動や「ウクレカレー」等の“食”と“音楽”のワルダクミ、「ウクレレッスン」等のワークショップと多岐にわたる。
    出演者 | comments(0) | - | - | - |

    伊藤ゴロー

    2009.11.11 Wednesday 16:43
    0


      伊藤ゴロー[いとう=ごろー]
       作曲家、編曲家、ギタリスト、プロデューサー。ソロ・プロジェクト MOOSE HILL (ムース・ヒル) として、また10月21日にブラジル録音のオリジナルアルバム「passagem」をリリースした布施尚美とのボサノヴァデュオnaomi & goroとしても活動中。
       ソロとしてはフランスのAVANT POP UNIT 「MAN」とのコラボレーションアルバムMOOSE HILL & MANを日本・フランスで同時リリース。ショーン・オヘイガン(ハイラマズ)の来日イベントに伊藤ゴロー名義で出演。原田郁子アルバム「ピアノ」に楽曲提供、KAMA AINA (青柳拓次)、高田漣、MOOSE HILL (伊藤ゴロー): 通称「御三家」で海外録音のアルバムを3枚制作するなど、他のアーティストとの交流も盛んに行っている。
       坂本龍一氏のレーベルcommmons (コモンズ) より、企画&プロデュースのペンギン・カフェ・オーケストラ「tribute」「best」をリリース。(トリビュート盤には坂本龍一、高橋幸宏、スティーヴ・ジャンセン、高野寛などが参加)。また原田知世25周年記念アルバム「music & me」、そして今年日本とアイスランドにて録音された原田知世の最新アルバムアルバム「eyja」(エイヤ)をプロデュース。
       現在4年振りのソロアルバムを伊藤ゴロー名義で制作中。

      http://itogoro.jp/
      出演者 | comments(0) | - | - | - |

      高野寛

      2009.11.11 Wednesday 16:42
      0


        高野寛[たかの=ひろし]
         音楽家。大阪芸術大学在学中に高橋幸宏とムーンライダーズが審査員を務めるオーディションに参加、絶賛を浴び、その後The Beatniksの全国ツアーにギタリストとして参加。 1988年、高橋幸宏プロデュースによるシングル「See You Again」でデビュー。代表曲は「虹の都へ」(オリコン2位を記録)「ベステンダンク」(共にトッド・ラングレンのプロデュース)、「夢の中で会えるでしょう」(坂本龍一プロデュース)など。ソロと並行してギタリスト/プロデューサーとしても多くのプロジェクトに参加。2001年以降はナタリー・ワイズ、GANGA ZUMBA(ガンガ・ズンバ)、pupa(ピューパ)等、バンドでの活動も精力的に行う。
         2008年10月にはソロデビュー20周年を迎え、MILESTONE CROWDS移籍第一弾シングル「LOV」、今年6月には亀田誠治氏をプロデューサーに迎え、シングル「Black & White」をリリース。デビュー以来一貫した、音楽への真摯な姿勢と非凡なポップセンスは、多くの音楽ファンに支持されている。
         デビュー日でもある10月7日には約5年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム「Raibow Magic」をリリース。本人曰く、「第二のデビュー盤」の予感がするこのアルバム。「虹の都へ」のセルフカバーや、忌野清志郎氏との共作など、魔法がたくさんかかった16曲を発表。

        http://www.haas.jp/
        出演者 | comments(0) | - | - | - |